片平工務店 > 株式会社片平工務店のスタッフブログ記事一覧 > 住宅診断ホームインスペクター

住宅診断ホームインスペクター

兵庫県 住宅診断 神戸市 明石 加古川 垂水区 須磨区 長田区 兵庫区 中央区 灘区 東灘区 ホームインスペクター 建物検査 違法建築 欠陥住宅 建物精度 傾き ひび割れ 断熱材 雨漏れ 白蟻 床下検査 屋根裏検査 外壁検査 新築住宅 中古住宅 中古マンション 注文建築 診断の結果、何らかの不具合や施工不良・ミス等が見つかった場合には 売主・施工業者様に直して頂けるようにサポートさせて頂きます。専門の知識と機器にて、隠れた箇所等も現地立ち合いにて わかりやすくご説明させていただき皆様にお喜び頂いております 建ってしまった新築戸建の精度や内部状況を確認したい カビや躯体損耗・内部結露を防止する断熱を知りたい 建物引渡しで、現状のままの引渡しに不安を感じる 瑕疵担保責任期間が超える前に劣化事象の可能性を調べたい リフォームする前に躯体や断熱・雨漏り等、非破壊で考えたい 中間検査(骨組み時)から 建物完成時 完了検査(表面目視・設計図書寸法確認)までの施工精度を知りたい 診断には、お解り頂けるように専門の機材を使用し、建物の専門 住宅診断士が、皆様に安心の住まいをサポート 高精度赤外線サーモグラフィカメラ オートラインレーザー ウォールスキャナー 高周波材料水分計 可視カメラを搭載し、熱画像・可視画像の両面から高精度の診断ができ断熱性・漏水箇所等を測定します。 床面・壁面の 傾斜やたわみ 又は、施工後に発生した地盤の不同沈下・建物の構造的問題を測定します。 鉄筋・非鉄金属・塩ビパイプ・CD管・電線・木材まで探知 最大探知深さ150mmで、対象物の深さ、材質を表示 その他の機材を使用し工務店ならではの経験と、住宅診断の品質にこだわり、中身のある 役立つ住まいの診断・ご提案をさせて頂きます にいった住まいを買いたいと思われた時、不動産の営業説明だけでは建物がわからない、建物内部・現在コンディションを知りたい、、建物に間違いがないか安心したい、、、それが 住宅診断(ホームインスペクション)のタイミングだと思います。住宅の瑕疵や施工不良を断定するのが目的ではございませんが、 一例として・・・保証の対象外となる 断熱材のスキマ・充填不足・壁床下気密不足等々、表面では見えないモノも多く お住まいされてから気づく事が大半となります また、性能低下・躯体損耗は見えないトコロから始まり、瑕疵担保責任期間(売主様 保証期間)を超えた時に表面状況として表れてまいります。その時には過大な補修・修繕が必要となる事は必然で、それまでの日常生活にも我慢した苦労や不満が感じられます。建売・注文住宅でも引渡し前の立会では 表面のヨゴレ・キズ程度のチェック内容 売主 主導のチェックになり 一般ユーザーでは見つけられない瑕疵(キズ)の未修繕 新築10年保証・中古住宅2年保証で断熱性能不足は 不可視状態で保証対象外 売主が一般個人の場合、瑕疵担保責任は無しで現状渡し、又は 7日~3ヶ月 なので、購入をされる前にチェックを行い、お住まいして頂いてから ハズレだったなと実感される事が無いよう、 私達は悔いの残るご提案はしたくないものだと思いますね。【 新築戸建 ・ 建売新築戸建 】不良事象 断熱材の不良個所・・・・・ 室内温度の消費  内部結露による カビ発生・躯体(柱・耐力壁)の耐力性能低下 基礎の施工レベル・・・・  基礎内部配金不足・かぶり厚不足による 地震耐力低下・柱直下の基礎、土台受け無しによる構造性能低下 外壁・壁内部施工レベル・・・ 耐震ボード施工釘ピッチ不足(本数不足)による施工不良・ 防水シート施工不良・サイディング継ぎ目不良 耐震金物施工不良・・・・ 耐震金具ボルト緩み又は、施工忘れによる 耐震力低下 床・内部ドア・建具レベル・・・水平・垂直角度施工不良であるか、地盤調査後による建物施工後の重量による不同沈下 現場施工での変更による 設計図書との重大な相違・・・ 柱、筋違 等々 中古戸建 不良事象 床下換気不足・・・ 土台・束・大引き(柱・床を支える材木)湿度過多による耐久性能の低下・白蟻確認 屋根・小屋裏内内部・・・室内に至る前の初期 小屋裏(天井裏)雨漏り・ 過去地震振動による建築金物の外れ 基礎・外壁のひび割れ・・・雨水侵入による耐力の低下、内部腐食又はカビの発生 外部(屋根・壁)防水レベル・・・耐久年数の劣化による性能低下と、今後の耐久年数 壁内部結露による 断熱材のズレ・水分含有による滑落 建物水平レベル・・・地震振動による不同沈下 室内部 水平・垂直角度不良であるか 外部金物止め・バルコニー防水部・エアコンスリーブ穴からの雨水侵入  売買契約前に住宅診断を行う事で 万が一の施工不良・重大な瑕疵(キズ・不良個所)を発見し、売主様とのトラブルを未然に防ぐ、住まい選びの失敗を防げる事が出来ます。また、その箇所や項目がわかれば、引渡しまでに手直し工事を 請求して頂く事が可能ですし、リフォームされるかどうかの判断、、不動産取得される ご判断の材料になり ご安心頂けます。


記事一覧   48周年 キャンペーン|次へ ≫

津本雅之 最新記事



津本雅之

経験と 細やかさを ご提案させて頂きます。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る